心に残った歌

今までに心に残った歌(昭和後半~)

「Too far away」

水越恵子
アルバム:「Aquarius(アクエリアス)1994年5月25日
シングル:1986年5月1日


この歌との出会いは有線放送でした。ラーメン店時代、僕は店舗に有線を導入していたのですが、ある日の休憩中に突然この歌が流れてきました。ゆっくりとしたメロディーに本当にシンプルな歌詞。「愛」というものを純粋に歌い上げた歌詞で、その歌詞にピッタリなメロディー。心に真っすぐに入ってきました。

 

おそらく邪な心の持ち主の人からしますと、この歌詞はあまりに純粋すぎて嘘っぽく感じるかもしれません。中には、蕁麻疹が出てきそうな人もいるかもしれません。「愛」とはそんなに単純なものではなくて、もっと複雑でいろいろな思いや考えが絡み合いグジャグジャになったもので、ときには損得計算が伴うこともあります。そうしたカオスであるはずの愛を純粋に描いた「Too far away」に賛同できない人がいてもおかしくはありません。

 

しかし、僕のような純粋な人間(^_-)-☆にしてみますと、そうしたいろいろな要素、ときには悪い要素も含んでいるかもしれませんが、そうした愛だからこそ、素朴で純粋にとらえるのが真の意味で究極の捉え方だと思います。初めて聴いたとき、もちろん僕は題名を知りませんでした。もし、その1回だけで終わっていたなら、僕はその歌の題名を知ることもできなかったかもしれません。しかし、当時その歌は人気のある歌だったようで、その後、たびたび流れてきました。

 

そうしたある日、僕は題名を知りたくてたまらなくなり、ついに有線に問い合わせました。

「あのぉ、今流れている歌のタイトルを知りたいんですけど…」。

担当の方が教えてくれたのが「Too far away」でした。


この歌は、午後2時頃のお昼の忙しさが一段落したときに聴くのが一番心に響きます。そんなある日、この歌が流れてきたのですが、前奏がいつもと違うような感じがしていました。そして、流れてきた歌声を聴いて驚きです。なんと女性の声だったのです。しかも、こう言っては失礼ですが、それまで聴いていた歌声よりも感動が高まったのです。

 

実は、僕が最初に聴いたのは谷村新司さんの歌声でした。そして、あとから聴いた「Too far away」は水越恵子さんの歌声でした。そうなのです。この歌は幾人かの人がカバーしていたのでした。そんな中でも水越恵子さんの歌声が図抜けてこの歌にピッタリとはまっているように感じました。

 

のちになにかの記事で読んだところによりますと、谷村さんは水越さんの歌を聴いて「自分もカバーすることにした」そうです。それ以来、僕はずっと水越さんの「Too far away」を聴いているのですが、数年前自分が思い違いをしていることを知りました。

 

僕の中では水越さんはシンガーソングライターと思っていました。ですので、この歌も水越さんの作詞作曲で、その歌を谷村さんがカバーした、と思い込んでいました。しかし、これもネット世界、YouTube の功績ですが、水越さんの「Too far away」を検索しているときに、たまたま伊藤薫さんという方がこの歌の作詞作曲者であることを知りました。

 

伊藤薫さんという方は、1972年にフォーク歌手としてデビューをしたあと、1976年より楽曲提供の道に進んでいます。たくさんの有名な方に歌を提供しているのですが、一番有名なのは欧陽菲菲の「ラヴ・イズ・オーヴァー」でしょうか。この歌も純粋なラブな歌ですが、伊藤さんはこういう歌が得意なようです。

 

提供した歌手の方々をみますと欧陽菲菲さんのほかに杏里さん、石川さゆりさん、石川ひとみさん、今バラエティーで引っ張りだこの梅沢富美男さん、小柳ルミ子さん、桜田淳子さん、高橋由美子さん、天童よしみさん、といった錚々たる名前が出てきます。おそらく業界ではかなり有名な方だったのしょう。

 

「Too far away」はいろいろな方がカバーしていますので時系列で整理しますと、1979年に水越さんが「アクエリアス」というアルバムの中で発表します。その後1986年にシングルで発売し、それを聴いた谷村さんが1988年に「Far away」という題名で発表しています。発表時期で言いますと、水越さんの1970年が最初なのですが、ヒットはしていません。また、1988年にシングルで発表したときも同様です。この歌に注目が集まったのは谷村さんがカバーしたことがきっかけです。

 

人間の運命も不思議ですが、楽曲の運命も不思議です。これほどの名曲でありながらタイミングと言いますか、きっかけがなければ売れないのです。ちなみに、YouTubeでは現在(2021年4月)水越恵子さんの再生回数が約776.2万回で、谷村さんは約22.8万回となっています。YouTubeには同じ歌をアップしているほかのチャンネルもありますので、このほかにも再生されていますが、そうしたことを総合的に鑑みても水越さんの歌が人気を集めているようです。

 

本当に不思議ですよねぇ。水越さんの「Too far away」は最初に発表されたとき、どうして売れなかったのでしょう。めぐり合わせと言ってしまえば簡単ですが、人間の及ぼせる力ってたかが知れていますよねぇ。

 

また、次回。

 

バス通り

「バス通り」
甲斐バンド
1974年11月4日に発売

 

どういった経緯でこの歌を知ったのか、全く記憶にありませんが、甲斐バンドのデビュー曲です。発売時期は僕が高校生のときです。当時、僕が歌を知るルートはほとんどが妹経由だったように思いますので、妹に勧められたのかもしれません。この歌の一番好きなところは、なんと言っても出だしの歌詞です。

 

♪鞄をさげて
♪目の前に現れ
♪おじぎをして
♪微笑んだ時に

 

この歌詞を聞いてすぐにその光景が頭に浮かびました。この出だしを聞いて心を鷲掴みにされたのですが、その頃僕は少女漫画にはまっていましたので、それも影響しているのかもしれません。甲斐さんが書いたこの歌詞は、少女漫画の中でまさにかわいらしい女の子が登場してきそうな雰囲気が感じられます。

 

僕が好きだった少女漫画家の一人に田淵由美子さんがいるのですが、なぜか「クロッカス咲いたら」というタイトルまで覚えている漫画があります。もちろん描くことはできませんが、頭の中にはそのイラストまでもが残っています。

 

そのほかに好きだった漫画家は陸奥A子さんです。なんとなく素朴な雰囲気が好きでした。そして、その系統の先にいたのが「小さな恋のものがたり」を描いていた“みつはしちかこ”さんでした。陸奥A子さんをもっと純粋で無垢にしたような感じの漫画でした。

 

小さな恋のものがたり」は社会人になってからも、なんなら結婚してからもずっと読んでいました。反対に考えますと、それほど長く続いていたほうが凄いことですが、一応2014年に完結したことになっており、結局約50年続いていたことになります。

 

この漫画は“チッチ”という背の低い女の子と“サリー”という長身イケメン男の子との恋愛模様を描いた4コマ漫画です。つまり、初恋ともいえそうな恋愛漫画が50年続いていたのですから、なんとも凄いお話です。

 

僕にはこのほかにもずっと読み続けていた漫画がありました。ジョージ秋山さんが描いていた「浮浪雲」という漫画ですが、大学時代に読むようになり、社会人になっても、そしてラーメン店を開業したあともずっと読み続けていました。ある意味、“意地”で読み続けていた部分もありましたが、浮浪雲も20年~30年くらい読んでいたように思います。

 

話を甲斐バンドに戻しますと、「バス通り」で心を鷲掴みにされた僕は、このほかの歌にも惹かれていきます。「男と女のいる舗道」はバイトしていた花屋さんの忘年会でアカペラで歌ったような記憶があります。

 

しかし、甲斐バンドが本当に世間に知れ渡ったのは「HERO(ヒーローになる時、それは今)」でした。1979年に大手時計メーカーのCM曲として発表されたことで一躍世の中に知れ渡りました。甲斐さんはアウトローと言いますか、マスコミ嫌いを前面に出すタイプのアーティストでしたので、そうしたことも相まって一気に大物歌手の仲間入りになったように思います。

 

なにかのラジオ番組で吉田拓郎さんとの対談をしているときに、「最もシンプルなコード進行でヒット曲を作るのが拓郎」と甲斐さんが笑いながら話していたのを覚えていますが、音楽の知識を持ち合わせていない僕が、そのときに初めてコード進行というものを意識するようになりました。

 

その意味で言いますと、僕は甲斐さんのコード進行が心の中に入りやすい体質のように思います。100万$ナイト(武道館ライブ)というライブ盤のアルバムがあるのですが、このアルバムに収められている楽曲はすべてが僕の中に染みこんでいきます。

 

実は、妻もこの同じアルバムを持っており、つき合い始めた頃に甲斐バンドで話が盛り上がった思い出があります。今では考えられないですが、当時は素直で純朴な妻でしたのでお互いの同じ感覚・感性を喜び合っていたものです。懐かしい思い出…。

 

このアルバムはすべてが名曲なのですが、その中で敢えて一つを選べと言われますと「嵐の季節」かなぁ…。もう長いこと行っていませんが、以前妻と娘の3人でよく行っていたカラオケでは必ず熱唱していた歌です。でも、やっぱりこのアルバムは全部が名曲だな…。

 

甲斐バンドにはまるきっかけとなった「バス通り」は、僕の中の70年代を象徴する歌詞とメロディーです。

 

それでは、また。

「悪女」

中島みゆき
1975年11月16日の『第6回世界歌謡祭』にてグランプリを受賞。同年にシングルが発売され、20万枚のヒット。


今の若い人ですと「糸」が一番わかりやすいでしょうか。「悪女」は中島みゆきさんの70年代のヒット曲です。中島さんのデビューは、ちょうど僕の学生時代と重なるのですが、今回このエッセイを書くにあたり調べていたところ、自分が勘違いをしていることがわかりました。

 

悪女の歌詞には、暇で時間を持て余している主人公の行動が書いてあるのですが、その中に

 

♪土曜でなけりゃ 映画も早い
♪ホテルのロビーも いつまでいられるわけもなし

 

とあります。僕はこの歌について調べる今の今まで、「この歌を深夜に友だちと喫茶店で聴いていた」とずっと思っていました。ところが、この歌の発売は僕が大学を卒業し社会人になったあとだったのです。つまり、学生時代に深夜の喫茶店でこの歌を聴くことはできなかったはずなのです。それにもかかわらず、僕はずっと深夜に喫茶店でこの歌を聴いていたと思い込んでいました。

 

なぜ勘違いをしていたかといいますと、実に単純で恥ずかしいのですが、先ほど紹介しました「歌詞の」せいです。歌詞をそのまま自分の行動と結び付けていたのです。中島さんの歌発表年次に合わせますと、僕が深夜に喫茶店で聴いていたのは「悪女」ではなく「わかれうた」だと思われます。年次的にはその歌が一番合致します。

 

“勘違いついで”といってはなんですが、中島さんについての僕の頭の中に残ってある記憶を書きたいと思います。

 

中島さんは一般の人がプロになるための登竜門というべきポプコンという音楽祭で優勝してデビューしています。なにかで読んだのですが、中島さんは音楽祭に応募する前に主催者側に「歌に順番をつけるのは間違っている」と手紙を書いたそうです。それに対して主催者側が「中島さんが納得できるようなきちんとした返答」をしたことで出場を決めたそうです。結局、優勝したのですが、中島さんの生真面目さが伝わるエピソードです。

 

もし、記憶違いでしたら申し訳ありません。

 

それはともかく…、年代の記憶違いとはいえ、「悪女」が僕の最も好きな歌のひとつであることには変わりはありません。この歌のなにが心に刺さったかといいますと、まずは出だしの♪タンタタンタタンのメロディーです。この出だしを聴いただけで気持ちが高まります。

 

歌詞の全体像を説明しますと、彼氏と別れる話がテーマなのですが、自分が悪女になることによって、彼氏が自分よりもふさわしい彼女に惹かれるように仕向ける内容になっています。なので「悪女」なのですが、実は「悪女」は彼氏思いの「心優しき女性」なのです。

 

こういう人知れず他者のために行動している女性には感動します。ですので、この歌はシングルでチャート1位にも輝いています。曲の勘違いではありましたが、僕が学生時代に中島さんの歌を好んで聴いていたのは事実です。学生時代、深夜の喫茶店で中島さんの歌声をよく聴いていたものです。

 

僕の学生時代は深夜、といいますか、24時間営業をしている喫茶店は数えるくらいしかありませんでした。しかも、夜の10時か11時を過ぎますと、値段があがるのです。10%とか20%というお話ではありません。3~4倍くらい値上がりするのです。300円のコーヒーが深夜になりますと、1500円とか2000円くらいになるのです。そういう時代でした。

 

こう書きながら、曲名を間違えた前科もありますので記憶違いの可能性もなきにあらずですが…。

 

値段の上がり具合はともかく、深夜の値段が上がったのは間違いません。そのような時代に友だちとただただ喫茶店でおしゃべりをしていたのです。なんと呑気な人生を送っていたことでしょう。

 

呑気といいますと、学生時代に僕が一番時間を費やしていたのは麻雀でした。これまでのコラムでも書いていますが、高校時代にクラブ活動に明け暮れ、それ以外の活動をしたことがありません。土日もクラブ、春休み夏休みもクラブ活動でした。まぁ、運動少年の僕としてはそうした生活が嫌いではありませんでしたが…。

 

反対に言いますと、もしクラブ活動をしていなかったなら、僕の高校生活はどんなふうになっていたのかと恐怖に思うこともあります。その意味においては、運がよかったと感謝しています。

 

なにに感謝かといいますと、僕を強引にクラブ活動に誘ってくれた一年先輩のヒロセさんにです。これも大分昔、コラムにも書きましたが、僕は一度クラブ活動を辞めています。理由は、一緒に入部した一番親しかった友だちが辞めたいといったからですが、そのクラブはとても厳しい練習だったので、それが嫌だったようです。

 

僕もそのクラブにそれほど強い思い入れがあったわけではありませんでしたので、友だちに合わせるように練習に行かなくなりました。そんなときに、たまたま学食でヒロセ先輩に会い、半ば強引にその日の練習から参加させられるようになりました。

 

おそらく僕の中でも身体を動かすことへの渇望が高まっていたのだと思います。仲の良かった友だちと練習をさぼっていたときは、やることがなにもなくただ友だちとおしゃべりをしたり出歩いたりするだけだったのをつまらなく感じていた頃でした。

 

あれから50年近く経とうとしていますが、たまにヒロセ先輩について思い出すことがあります。それほどあの学食でのヒロセ先輩との偶然の出会いは、僕にとっての大きなターニングポイントでした。

 

あれだけ厳しい練習をしていた高校時代があったからこその、大学時代のチャランポランの生活だったと思っています。そのチャランポランを思い出せてくれる中島みゆきさんの歌声でした。

 

また、次回。

 

外は白い雪の夜

吉田拓郎


・アルバム『ローリング30』の一曲。
・『ローリング30』は、1978年11月21日に吉田拓郎がリリースした9枚目のスタジオアルバム
・多くの人気曲があるにもかかわらず「外は白い雪の夜」のライブバージョンが「春を待つ手紙」のB面になっている以外、シングルカットはされていない。
(ウィキペディアより引用)

 

いつも書いていますが、僕は音楽オタクではありませんので、たまたま聴くタイミングがあったときにその楽曲を好きになるだけです。ですから、アーティストに詳しいなどということは全くなく、繰り返しになりますが、たまたま聴いたときにその歌が僕の心にハマったときに好きになります。

 

今回取り上げます「外は白い雪の夜」は吉田拓郎さんが1978年の「ローリング30」というアルバムで発表したものらしいですが、僕がこの歌を知ったのは30年後の2008年頃です。どうして知ったのかは覚えていないのですが、この歌の歌詞とメロディーを初めて聴いたときの感動といったらありませんでした。

 

当時はコロッケ店を営んでいたのですが、開店前の準備をしているときに歌いながら作業をしたい気持ちが強くなり、プリンターで歌詞を印刷し、その紙を冷蔵庫の壁に貼り付けていました。それほど、感動・感激した歌でした。

 

しかし、僕が知らなかっただけで世間ではかなり有名だったようです。その証拠にNHK紅白歌合戦(1994年)ではこの歌を歌っています。ヒット曲が山ほどある中で、この歌が選ばれたということはそれだけ伝説化していることの証拠です。

 

続きを読む

「秋の気配」

1977年8月5日に発売されたオフコース通算11枚目のシングル

先々週、“ふきのとう”さんを書きましたが、“ふきのとう”さんを書くのなら、やはり“オフコース”さんも取り上げるのが筋というものです。“ふきのとう”さんの中でも少し書きましたが、“オフコース”さんも元々は小田和正さんと鈴木康博さんの二人組でした。

 

ウィキペディアによりますと、本当の初期の頃はほかにもメンバーがいたそうですが、僕が知ったときはすでに二人組になっていました。僕にオフコースを教えてくれたのは妹です。友だちから借りたというカセットテープを貸してくれました。大学1年か2年の頃です。 *筆者注:1977年前後です (^_^;)

 

実は、そのとき借りたアルバムは全く「いい曲」とは思いませんでした。ですから、なんの感動を覚えることなく記憶から消えていました。それがいつから「いい歌を作るバンド」となって僕の脳に住み着いたのかは定かではありませんが、僕の中で正確な記憶として登場するのは今の妻とつき合ってからです。

「今」と書きましたが、文章の流れの中で書いたまでで、「昔」があるわけではありません。(^_^)

 

僕は他人と群れるのが嫌いなのですが、だからといって「ひとりぼっち」になるのも寂しさを感じてしまうタイプでした。ですので、「できるだけ早く結婚したい」と思っていました。つまり、自分で稼ぐようになった時点で、お嫁さん探しの網を張っていたことになります。その網に引っかかったのが今の妻ですが、その妻と並んで歩いていたときによく歌っていたのが、この「秋の気配」です。

 

続きを読む

「たえこMY LOVE」

吉田拓郎
1976年12月5日にリリース 12枚目のシングル

 

学生時代、カトウ君と一緒に喫茶店でお茶をしていました。「お茶」といいながら、本当は「コーヒー」ですが、今の若い人はこのようないい方をするのでしょうか。一応、ダサいかもしれないけど、説明してみました。(^_^;)

 

絵文字を書いてみましたが、絵文字も本当は僕には不似合いですが、ここ3~4年取引先の方がメールに絵文字を書いてきており、意外に好印象でしたので書いてみました。ちょっと古いのかもしれませんが、お許しを…。

 

それはさておき、「たえこMY LOVE」です。僕は高校時代まで運動少年でしたので、そのほかのことにはあまり詳しくはありませんでした。そんな僕が大学生になり、普通の若い人が興味を持ちそうなことに触れ始めたのですが、そのひとつがフォークソングといいますか、当時はニューミュージックといっていたような気がしますが、要は演歌でもなくアイドルでもなく、若い男女が関心を持ちそうな歌です。

 

僕はサザンオールスターズと同年代なのですが、サザンがデビューした当時、僕も大学生をデビューしていました。そのとき、吉田拓郎さんはすでに超大物で、サザンやユーミンさんたちのもうあと一世代前のビッグ歌手でした。ほかには井上陽水さんとか泉谷しげるさんとか、六文銭など錚々たる大物の方々がいました。「歌手」などといっては怒られるくらい存在感がある人たちでした。

 

話は少し逸れますが、僕はタクシー運転手時代に泉谷さんを乗せたことがあります。渋谷から若い女の子と一緒に乗って来たのですが、今の時代からしまうと、セクハラといえそうなカップルだったことを覚えています。

 

続きを読む

ふきのとう

山木康世細坪基佳によるフォークデュオ
ファーストシングル「白い冬」(1974年9月21日)

 

「ふきのとう」は歌の題名ではなく、アーティストの名前です。今から40年以上前の二人組ですが、当時は「アーティスト」などという洒落た呼び方はしておらず、フォークデュオなどと言っていました。

その「ふきのとう」は山木康世さんと細坪基佳さんという方で組んでいたのですが、実は僕は、細坪さんを「世界で一番せつない声」の持ち主と思っています。僕が「ふきのとう」を知った経緯はなぜかあまり覚えていないのですが、当時「ふきのとう」のライバルとして「オフコース」がいました。

今の若い方でも「オフコース」はご存じではないでしょうか。あの6人組のグループです。「オフコース」もデビュー時は「ふきのとう」と同じ二人組のフォークデュオでした。その後「オフコース」は6人組になり、ヒット曲を連発し、メジャーになっていきましたのでご存じの方も多いはずです。

元々、デビュー時の両グループはライバル関係にありました。「オフコース」の小田さんの声も細坪さんに負けないくらい魅力的できれいな声だったことも関係していたと思います。ですが、両グループはその後の展開で大きく差がついてしまいました。結局、メジャーになりきれなかった「ふきのとう」ですが、それでも僕は「ふきのとう」のほうが好きでした。

しかし、本当に申し訳ないのですが、僕が「好き」になる歌や歌っている人は「絶対に大ヒットしない」というジンクスがあります。そこそこはヒットするのですが、大ヒットには絶対にならないのです。そのジンクスが当てはまった「ふきのとう」でした。

しかし、繰り返しますが、「ふきのとう」の細坪さんの歌声は世界で一番「せつない声」なのです。「ふきのとう」には世間的評価ではそこそこヒット曲(僕の中では名曲であり大ヒット曲ですが…)がたくさんあるのですが、その中でも「初恋」とか「やさしさとして思い出として」は名作といえる作品です。「せつなさ満載」どころか「せつなさ」があふれ出ていると言っても過言ではありません。

続きを読む